暮らし

2020年ふるさと納税でもらった返礼品まとめ

今年も残り少なくなってきましたが,今年のふるさと納税はお済みでしょうか?

ふるさと納税は,実質2,000円の負担でさまざまな返礼品がもらえる制度です(年収・所得により上限額あり)。手続きを行うと,ふるさと納税で自治体に納めた金額のうち,2,000円を超えた金額が,所得税・住民税より還付・控除の形で戻ってきます。

あきぞう(筆者)は日常で利用するものを中心に返礼品をもらい,ふるさと納税を活用しています。今回の記事では,2020年に注文したふるさと納税の返礼品を紹介します。

ふるさと納税へのスタンス

必ずしも良い制度だとは思わないが,活用する

ふるさと納税は多くの問題を抱えた制度だと考えています。しかしながら,合法である以上は,実質的に節税ができる制度として活用をするというスタンスです。

ふるさと納税制度は資産形成方法の一つ

日用品や食べ物に利用

うなぎや高級フルーツなど,ついついポチりたくなりますが,日常の暮らしの中で買うことがないものは返礼品として選ばないようにしています。

普段から食べるもの・消費するものをもらうことで,節約をして,資産形成の一助とするというのが基本的な考えです。

楽天ふるさと納税を利用

さとふる,ふるなび,ふるさとチョイスなどさまざまなふるさと納税サイトがある中で,あきぞうは楽天ふるさと納税を利用しています

楽天ふるさと納税は,楽天市場のSPUの対象となっているため,楽天サービスをよく使う人にとってはポイント還元が魅力的です。また,お買い物マラソンや0と5のつく日のポイントUPの対象にもなるので,これらの開催期間を狙うことをオススメします。実際にあきぞうは15%以上のポイント還元を受けています。

今回紹介する返礼品は,すべて楽天ふるさと納税を利用したものとなります。

もらった・もらう返礼品

再生紙トイレットペーパー ラブリバーロング シングル 6R×8パック 48個(静岡県富士市)


ティッシュペーパーやトイレットペーパーなどはふるさと納税で仕入れています。ティッシュは昨年の返礼品が余っているので,今年はトイレットペーパーをもらうことにしました。

購入時点で,長さあたりの価格が安かったこちらをチョイス。実際に使ってみても不満はありません。

魅力は,ロングタイプ(シングル120m)なので保管が省スペースで保管できることと,トイレ紙の心配をしばらくしなくて済むことです。

宮崎県産豚切落し3.5kg(500g×7パック)(宮崎県木城町)

これは昨年からのリピートです。

レビューでは悪い評価もありますが,私のところへ届いているものは昨年分も今年分もフツーに食べられます。

また,小分け冷凍しやすいという点も便利です。これ,1枚づつ剥がれやすく,切るのも簡単なんですよね。ですので,届いたらすぐに小分けにして,冷凍庫に突っ込んでおきます。

豚切り落としはスーパーではだいたい100gあたり税込100-140円。価値(※1)としては3500-4900円くらいでしょうか。

訳あり「カツオたたき1.5kg」サイズ規格外のわけあり(高知県芸西村)

カツオのたたき,美味しいものは本当に美味しいです。高知旅行で食べた焼きたてのものは,今まで食べていたものは何だったんだ!?というくらいの感動ものでした。

この返礼品はもちろんそれには敵いませんが,少なくともスーパーで安売りをしているものよりは美味しいです。

本当によいカツオのたたきをふるさと納税で貰いたいのであれば高知県黒瀬町へのふるさと納税でもらえる明神水産のものなどを検討した方が良いでしょう。しかし,ほどほどの品質で,量を重視する場合には,こちらは十分オススメです。

大きさが訳ありとの説明ですについては,あきぞうに届いたものは小さめのものが中心でした。よくいえば一食分にちょうど良いです。
レビューを見ると,小さめのものが届いた方がほとんどのようですね。(一部,大きいものが届いたという報告もあります。)

海産物は品質により値段がピンキリなので評価が難しいですが,スーパーのカツオのたたきは100gで150-200円くらい。それよりも少し良いものと考えると3000円程度の価値はあると思います。

ひのひかり 令和2年産 新米 12kg(6kg×2袋)(熊本県御船町)

こちらはまだ届いてはいませんが,わかりやすくお得であるため注文しました。

→(2020.11.20追記)9/25に「11月下旬-12月末頃お届け」の分を注文して,11/18に届きました。

米
精米日は11月中旬

スーパーなどでは国産の単一県・単一銘柄のお米は10キロで3,500-4,000円くらいで売っています。それよりも少し多い12kgなので4,200-4,800円くらいの価値があるでしょう。

ヒノヒカリは主に西日本で栽培されており,広島在住のあきぞうにはお馴染みの品種です。実際に届くのは11月末以降ですが,間違いのないものであると期待しています。

ただ,ここで紹介してしまっている以上はページ内の宣伝文句の誤記について指摘しないわけにはいきません。

財団法人日本穀物検定協会が毎年発表している「お米の食味ランキング」全国の米どころが自慢の品種をエントリーし、厳しい格付けがなされる中、この九州でも有数のブランド米であるヒノヒカリは、2008年から本年度2019年までの11年間にわたり、最高評価である特Aランクを連続受賞しております。

https://item.rakuten.co.jp/f434418-mifune/10000451/ [1]

日本穀物検定協会のWebページを確認すると,熊本県産の一部地域で栽培されているヒノヒカリは2008年から2018年の11年間,特Aを獲得しています。しかしながら,2019年度については熊本県産のヒノヒカリで特Aランクのものはありません[2]。正確には「2019年2月発表の2018年産分まで」となるでしょう。

オホーツク産ホタテ(1.5kg)【訳ありじゃないけどたっぷり】(北海道紋別市)

こちらも9月末の注文につき,まだ届いていません。ただし,レビュー評価が上々であることと,「紋別でオホーツク海のホタテといったら変なものは送れないだろう」という個人的な思いより,悪いものは届かないと信じています。←あきぞうは,北海道に住んでいたことがあります

→(2020.11.20追記)9/25注文,10/16到着。想像していたとおり,普通に美味しい冷凍ホタテです。

ほたて
ほたて

同じ紋別市からは,価格は同じ(2020.10.3現在)で大粒ホタテ1kgの返礼品もあることから,こちらは小粒のものと思われますが,普段使いには小粒・大容量の方が嬉しいです。炒め物などにも,遠慮なく・気軽に遠慮なく使うことができます。←なまじ良いものだと,どう食べようか悩んでしまうタイプ。

カツオと同様海鮮物につき価格評価は難しいですが,スーパーなどでホタテは100g250-450円程度で売っていることを考えると,3750-6750円くらいの価値でしょうか。


あきぞうが2020年にふるさと納税でもらった(もらう)返礼品は以上です。

役所の方も年末は忙しいと聞きますので,皆が幸せになれるようにふるさと納税は早めに行えると良いですね。

ただし,コロナ渦でボーナスの削減などが予想される方については,上限額には注意をした方が良いかもしれません。

出典

[1]御船町, https://item.rakuten.co.jp/f434418-mifune/10000451/ (2020.10.3閲覧)

[2]日本穀物検定協会, (参考) 平成元年産からの特Aランク一覧表, http://www.kokken.or.jp/data/ranking_specialA01.pdf (2020.10.3閲覧)


※1 この記事の中での”価値”とは「似た商品を買おうとするとどれくらいの値段であるか?」という観点のものです。返礼品そのものの値段ではありません(返礼割合は寄付額の3割以下と定められています)。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA