旅行・ホテル

感染対策下のホテル宿泊記「グランドプリンスホテル広島」 クラブフロアキングルーム

2020年7月31日(金)から8月1日(土)にかけてグランドプリンスホテル広島のクラブフロア キングルームへ宿泊しました。感染対策下のサービス内容変更なども含めて報告します。

本記事の内容は宿泊日時点での内容になりますことご了承ください。

立地

グランドプリンスホテル広島は広島市南部の元宇品と呼ばれる地区にあります。橋がかかっているためにわかりにくいですが,実は,この地区は宇品島という陸けい島になっています。

広島駅からは路線バスのほかに無料シャトルバスが出ています。詳しくはホテル公式ページ「アクセス・周辺案内」をご確認ください。

チェックイン

本来チェックインは14:00からですが,部屋の準備が済んでいたということで,13:45ごろにチェックインさせていただきました。チェックイン時の検温などはもう言わずもがなですね。部屋までの案内や荷物の運び込みについては,宿泊日時点では,中止しているようです。

部屋

宿泊した部屋は18階のプリンスクラブフロア キングルーム。クラブフロアの中では一番安価な部屋です。とはいえ,広さは23㎡,普段泊まるビジネスホテルよりひとまわり余裕があります。インテリアは適度なモダンさとカジュアルさがあり,すっきりとした印象。高級ホテルと思って行くと少しがっかりかもしれませんが,ちょっと良さげなシティホテルくらいに思っておくと「いいじゃん」となります(笑)

また,特記すべきは窓からの眺めです。島に唯一の高層建築からの眺めは最高です。今回の部屋は東窓,目の前は瀬戸内海。これを一人でぼーっと眺められるだけで価値があります。

なお,北側の部屋は広島市街地,西側は宇品島の自然とそれぞれ趣のある景色が見られます。予約時に希望を伝えておくと良いかもしれません。
ちなみに,個人的にはクラブフロアへ泊まるのであれば海が見える方向の部屋がお勧めです(ラウンジが北側に位置しており,広島市街地方向が見られるため)。

ベッド周り・デスク周りは特に不便することもなく,十分な機能が備わっています。ただ,二人で泊まる場合はベッドにサイドテーブルがあると良いですね(一人分であれば部屋に丸テーブルがあるのでそれを動かせばどうにかなります)。

部屋のユニットバスは…,うん,狭い(笑)

大浴場

ということで,部屋のお風呂は使わずに大浴場「広島温泉 瀬戸の湯」を使いました。クラブフロアの宿泊プランには,大浴場・フィットネスジム・野外プール(夏季)のアクセス権が付いていることが多いようです。

大浴場の利用は通常価格2,000円+入湯税です。これが入り放題。誰にでも入らせるような各設定ではありませんが,まぁ,そういうことなのでしょう。私が入浴した時間(夕方5時と朝6時頃)はそれほど混雑することもなく余裕を持って入浴できました。

お湯は海近が影響しているためか,傷があるとしみそうな強い塩味のあるものです。特に良いお湯という印象は受けませんが,そもそも広島の温泉に過度の期待は禁物です。

脱衣所などには「混雑中につき60分以内のご利用でお願いします」との旨の張り紙がありました。それほど混んではいませんでしたので,ずっと貼っているのかもしれません。感染対策の一環と思われますので,混雑時には協力をしましょう。

フィットネスジム・野外プール(行っていません)

宿泊プランの特典で無料で使えたのですが使っていません。フィットネスジムというのはそもそも私には縁遠いのです。。詳細が知りたい方は公式サイトでご確認ください。プールは遠くから見た印象では,大人が楽しめるようなものではなさそうでした。。

クラブラウンジ・朝食

18階のクラブラウンジ。営業は3部制から2部制へ変更となっています。ブレックファストが休止となっており,アフタヌーンティー14:00-16:00とカクテルタイム17:00-20:00の営業です。

アフタヌーンティー

15:00少し前にくらいに伺ったのですが,ほぼ満席となるくらい混雑していました。運が悪ければ満席のこともあるかもしれません。

ドリンクはコーヒー・お茶・ソフトドリンク・ビールなど。食べ物はビュッフェ形式で洋菓子が4種類程度,スコーン,ドライフルーツ&ナッツがありました。どれも美味しくいただきました。

アフタヌーンティー

カクテルタイム

アフタヌーンティーほどは混んでいませんでした。私は長いこと居座っていたのですが,混雑時でも5割程度の客入りであった気がします。

ドリンクはアフタヌーンティーのものに加えて赤・白ワインが追加されていました。食べ物はワンプレートでの提供となっており,ホットミールはありません。

カクテルタイム

朝食

ラウンジが休止しているので,朝食は2階の大広間的な場所での洋定食の提供でした。給食の時間のようにお盆を持って並ぶと係の方が配膳してくれます。どこか懐かしさを覚えました(笑)

朝食

また,朝食会場に23階のトップオブヒロシマにてドリンクサービスが受けられる旨の掲示があったので散歩がてら行ってみました。飲み物は朝食会場と同等程度ですが,ぐるっと回ると360度の眺めが見渡せるので,行けるのであれば一度覗いてみることをお勧めします。

そのほか色々(注意事項・おまけ)

夕食確保は計画的に

チェックイン時の隣の方とホテルの方やり取りによると,ホテル内のレストランは当日には既に予約がいっぱいで利用できないことがあるようです。ホテルのレストランを使う場合は事前の予約をお勧めします。
また,営業時間の短縮もなされており,21:00にはホテル内のコンビニ・全てのレストランが閉店します(早いレストランは20:00閉店。ルームサービスは19:30ラスト)。ホテルの周りには飲食店どころかコンビニもないため,夕食の確保は計画的に行いましょう。

なお,元宇品地区はUberEatsは非対応です。出前館は対応店舗が8件あるようです

元宇品公園などの散策もおすすめ

ホテルは瀬戸内海国立公園特別地域となっている元宇品公園と隣接しています。瀬戸内海の景色はもちろんのこと原生林や断層など,たくさんの見所があります。時間があれば回ってみるのも楽しいです。

また,元宇品公園を含む元宇品地区には宇品海岸プロムナードとして整備された遊歩道がありますので,こちらをウォーキング・ジョギングなどしてみるのも良いかもしれません。

現在のサービス内容は公式ページをチェック

ここまで書いておいてなんですが,最新の確実な情報はホテルの公式ページをチェックしましょう。館内施設の営業状況については「館内施設の営業時間・内容変更について」が参考になります。

さいごに

ホテルの方も刻々と変わり慣れない中でサービスを行なっているような状況と思います。さまざまな制約がる中でもサービスをしてくださっていること感謝申し上げます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA